アスベスト含有吹付け材が使用された市営住宅について

更新日:2017年6月15日

アスベスト含有吹付け材が使用された市営住宅について

 深谷市では、平成17年12月に記者発表等により、アスベスト含有吹付け材が使用された市営住宅の状況を公表してまいりました。
 しかし、平成29年6月12日、日本放送協会により「公営住宅のアスベストの使用状況調査」が報道され、不安が広がっています。
 そこで市では、過去に住戸などにアスベスト含有吹付け材が使用された市営住宅の状況を改めて公表いたします。
 なお、平成19年度までにアスベスト含有吹付け材を使用している市営住宅すべてで対策工事を実施完了しております。
 

【深谷市営住宅 アスベスト含有吹付け材 対応状況一覧表】
団地名 棟番号 対象戸数 建設年度 アスベスト対策工事 対策工事実施年度 備考
上柴 46 24 S46 H18 4階は不使用
47 24 S47 H18
48 24 S48 H18
緑ヶ丘 59-1 12 S59 H19
59-2 12 S59 H19
59-3 12 S59 H19
60-1 12 S60 H19
60-2 6 S60 H19
60-3 6 S60 H19
60-4 12 S60 H19
宿根 63-1 12 S63 H19 3階は不使用
63-2 12 S63 H19

上記以外の市営住宅(原郷、天神町、薬師堂、桃園、見晴町、錦町、宿根5-1~4号棟、戸森、新井)ではアスベスト含有吹付け材等は使用されておりません。

お問い合わせ先

建築住宅課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6655
ファクス:048-571-1092
メールフォームでのお問い合せはこちら