公共下水道使用料が変わります

更新日:2020年4月28日

 平成26年度に公共下水道使用料改定に向けた審議・検討が行われ、平成27年3月の市議会第1回定例会において「深谷市下水道条例の一部を改正する条例」が可決となり、段階的(3段階)な下水道使用料の改定を行うこととされ、平成27年12月(第1段階)、平成30年6月(第2段階)と順次改定を行い、令和2年12月(第3段階)の改定をもって最後の改定となります。

 公共下水道使用者の皆さまにはご負担をおかけしますが、下水道事業の安定運営のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

下水道の役割

下水道は、私たちの生活に伴って発生する汚水を速やかにかつ衛生的、効率的に処理をして自然に帰すことや、雨水を速やかに排除し浸水を防止することなど、快適で衛生的な生活を送るうえで欠くことのできない役割を担っています。

下水道事業の現状と課題

下水道事業は、汚水を処理する経費を使用者の皆さまから頂く使用料で賄う「独立採算の原則」が義務づけられている事業です。

深谷市の公共下水道事業では、平成27年12月算定分からの段階的(3段階)な公共下水道使用料の改定により、経営の健全化が図られています。

下水道事業経営の健全化に向けて

重要な都市基盤である下水道事業を安定的に運営していくためには、健全な経営を確保することが重要です。市では健全経営の確保に向け、引き続き経費削減に努めるとともに、新たな公共下水道への接続促進策を実施していくことといたします。

 

公共下水道使用料(消費税10%含む、2ヶ月間)

 

第2段階:令和元年12月1日から令和2年11月30日の間の算定分

 
基本使用料 1,980円

従量使用料

汚水量1立方メートルあたり

1から10㎥ 66円
11から40㎥ 110円
41から100㎥ 176円
101㎥以上 220円

第3段階:令和2年12月1日以降の算定分

 
基本使用料 2,200円

従量使用料

汚水量1立方メートルあたり

1から10㎥ 88円
11から40㎥ 132円
41から100㎥ 198円
101㎥以上 220円

公共下水道使用料の算定方法

2ヶ月間の下水道使用料(消費税10%含む)=基本使用料+(汚水量×従量使用料)

 

改定後の公共下水道使用料

下水道使用料早見表【令和2年11月まで】(PDF:113.5KB)

下水道使用料早見表【令和2年12月から】(PDF:130.7KB)

【参考】令和元年11月30日検針分までの下水道使用料早見表

下水道使用料早見表【令和元年11月まで】(PDF:112.8KB)

改定の経緯と予定

平成26年 6月10日 第1回深谷市公共下水道事業運営審議会

平成26年 7月15日 第2回深谷市公共下水道事業運営審議会

平成26年 8月26日 第3回深谷市公共下水道事業運営審議会

平成26年 9月19日 第4回深谷市公共下水道事業運営審議会

平成26年10月15日 『深谷市公共下水道使用料の改定等について』答申

平成26年12月17日 議員全員協議会へ答申報告

平成27年深谷市議会第1回定例会へ下水道使用料改定(下水道条例改正案)上程

平成27年 3月17日 下水道使用料改定(下水道条例改正)可決

平成27年10月 1日 改正下水道条例 施行

平成27年12月 1日 改定使用料(第1段階)算定開始

平成30年 4月 1日 改定使用料(第2段階)施行

平成30年 6月 1日 改定使用料(第2段階)算定開始

平成31年深谷市議会第1回定例会へ下水道使用料改定(消費税改正)上程

令和元年 6月21日 下水道使用料改定(消費税改正)可決

令和元年10月 1日 改定使用料(消費税改正)施行

令和元年12月 1日 改定使用料(消費税改正)算定開始

令和2年 4月 1日 改定使用料(第3段階)施行

令和2年 6月 1日 改定使用料(第3段階)算定開始

【参考】深谷市公共下水道事業運営審議会答申

深谷市公共下水道事業運営審議会答申(写)(PDF:1.1MB)

お問い合わせ先

企業経営課
〒369-0211
埼玉県深谷市岡部1086
電話:048-577-7527
ファクス:048-546-0126
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。