「警戒レベル」による避難情報の発信について

更新日:2019年6月5日

水害・土砂災害時の避難のタイミングが5段階に区分されました

 平成30年7月豪雨では、気象庁をはじめ各市町村から様々な防災情報が発信されましたが、複雑で分かりにくかったため、多くの住民が活用できない状況にありました。

 このため、国では、住民が情報の意味を直感的に理解し、適切な避難行動がとれるように、市が発令する避難情報や気象庁等による防災気象情報を災害発生の危険度に応じて5段階の警戒レベルに区分しました。

発令される警戒レベルと取るべき行動について

 市では、警戒レベルを活用し災害情報の意味を直感的に理解できるよう情報を発令してまいります。市が出す避難情報、気象庁等から提供される防災気象情報は以下のとおりです。

警戒レベル

※必ずしも警戒レベル1から5の順番で発令されるとは限りませんのでご注意ください。

※警戒レベル5は、災害が実際に発生していることを把握した場合に可能な範囲で発令します。

※身の回りで危険を感じたら市からの避難情報を待たずに、自主的な避難を開始してください。

警戒レベルに関するチラシ(PDF:7.1MB)

内閣府ホームページ「避難勧告等に関するガイドラインの改定について」

お問い合わせ先

総務防災課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6635
ファクス:048-573-8250
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。