産後ケア事業

更新日:2017年7月14日

産後ケア事業

深谷市では、安心して出産や子育てをしていけるよう、妊娠中から様々な支援を行っています。

産後ケア事業は、お母さんとお子さんの生活リズムづくりと育児への不安などを軽減するため、母子で宿泊や日帰りで施設(医療機関、助産所)を利用し、体や心のケア、授乳指導や育児相談等を受けることができます。

【 利用できるかた 】

1から3の全てにあてはまる、生後2か月未満のお子さんとそのお母さん

1.申請、及び利用の時点で深谷市に住民登録がある

2.ご家族などから家事、育児等の十分な産後の援助が受けられない

3.産後の体調不良や育児不安等がある

ただし、医療行為が必要なかたはご利用できません。また、赤ちゃんのみのお預かりはできません。

【 内容 】

母体ケア(乳房ケアなど)、お子さんのケア(健康状態のチェック)、授乳やもく浴の指導、育児相談など

産後ケア事業の利用形態
メニュー 利用時間 利用上限日数

宿泊型(ショートステイ)

10時~翌16時 通算7日以内

日帰り型(デイケア)

10時~16時 通算7日以内

・利用上限内まで各メニュー組み合わせて利用可

・施設利用時間内に当たる食事の提供あり

【 利用できる施設 】

産後ケア事業利用施設
菊地病院 深谷市上野台371
桜ヶ丘病院 深谷市国済寺408-5
深谷赤十字病院 深谷市上柴町西5-8-1
中島助産院 熊谷市大麻生422-1

菊地病院、桜ヶ丘病院及び深谷赤十字病院は、当該施設で出産したお母さんとお子さんに限ります。

注意:各施設の状況により利用希望日に利用できないことがあります。ご了承ください。

 

【 利用料 】

1日当たりの自己負担額

区分 一般世帯 非課税世帯 生活保護世帯
宿泊型(ショートステイ) 5,000円 1,250円 0円
宿泊型の多胎児1人当りの加算 2,000円 500円 0円
日帰り型(デイケア) 3,600円 900円 0円
日帰り型の多胎児1人当りの加算 1,440円 360円 0円

・利用料は、施設に直接お支払いください。

・ 非課税世帯とは、世帯全員が市民税非課税のかたです。

(申請時点の世帯の所得状況により決定します。H29年1月1日現在、深谷市に住所のないかたは前住所地の課税証明書が必要となります。)

・施設利用日数分の利用料がかかります。

(例:1泊2日の場合…5,000円を2日間利用で10,000円)

急なキャンセルの場合には、産後ケア事業を利用したとみなし、自己負担額等が発生する場合があります。

詳しくは、下記お問い合わせ先先までお問合せください。

詳細は添付の「産後ケア事業ご利用までの流れ」をご参照いただき、ご希望のかたは深谷市保健センターへご相談ください。

産後ケア事業利用までの流れ(PDF:103.7KB)

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。