ひとり親世帯臨時特別給付金について

更新日:2020年8月1日

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少しているひとり親世帯に対し、臨時特別給付金を支給します。
本給付金は、基本給付追加給付があります。詳細は下記をご確認ください。

ひとり親世帯臨時特別給付金のご案内 (PDF:572.6KB)

ひとり親世帯臨時特別給付金 提出書類一覧 (PDF:318.1KB)

 

厚生労働省のホームページに支給要件確認用のフローチャートがございますので、ご活用ください。

厚生労働省ホームページ

支給要件確認フローチャート(PDF:430.6KB)

基本給付

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付(注意1)

給付金の対象となる方

以下の、(1)~(3)のいずれかに該当する方

(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給された方(申請は不要です
  支給要件確認フローチャートで「基本給付1」になった方 

(2)公的年金等(注意2)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止された方(注意3) (申請が必要です
   支給要件確認フローチャートで「基本給付2」になった方 

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方 (申請が必要です
  支給要件確認フローチャートで「基本給付3」になった方  

(注意1) 児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。
(注意2) 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
(注意3) 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

給付額

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

追加給付

給付金の対象となる方

上記、基本給付金対象の(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方(申請が必要です

(注意)追加給付は、新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降に、勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少したなどの影響があった場合に申請ができます。
(注意)追加給付は、生活保護を受給されている方は、支給対象となりませんのでご注意ください。

給付額

1世帯5万円

給付金の申請方法について

給付金対象(1)に該当する方

・基本給付

申請は不要です。

・給付金を希望しない場合には辞退の届出が必要になりますので、令和2年8月14日(金曜日)までに、こども青少年課へご連絡の上、「受給拒否の届出書」に必要事項を記入し、ご提出ください。

G.【様式第1号】受給拒否の届出書 (PDF:85.4KB)

・児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約しているなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、こども青少年課にて、指定口座の変更手続きをお願いします。

・追加給付

 申請が必要です。

 申請書に記入し、こども青少年課まで提出してください。

(注意)追加給付は、新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降に、勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少したなどの影響があった場合に申請ができます。

【様式第5号】追加給付申請書 (PDF:108.4KB)

 

給付金対象(2)に該当する方

基本給付、追加給付ともに申請が必要です。

・基本給付

申請書に記入し、こども青少年課まで提出してください。

申請書を提出する際は、申請書の裏面に記載の提出書類を必ず添付してください。

【様式第3号】基本給付申請書(年金受給者) (PDF:189.8KB)

【様式第3号】基本給付申請書記載要領(年金受給者) (PDF:466.9KB)

A.【様式第4号】収入額申立書(年金受給者:本人用) (PDF:276.5KB)

B.【様式第4号】所得額申立書(年金受給者) (PDF:223.8KB)

C.【様式第4号】収入額申立書(年金受給者:扶養義務者等用) (PDF:275.3KB)
 

(参考)
I.【様式第4号】(別添)控除対象一覧表 (PDF:588.6KB)

 

提出書類

・申請者の方の本人確認書類の写し(運転免許証、 健康保険証、年金手帳等)

・通帳やキャッシュカードの写し(受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)を確認できる部分)

・戸籍謄本
 既に児童扶養手当の認定を受けている場合は不要です。

・平成30年中の収入額が分かる書類の写し(課税(所得)証明書、源泉徴収票、年金振込通知書等)
 既に児童扶養手当の認定を受けている場合は不要です。

 

収入基準額
扶養人数 申請者収入基準額 扶養義務者収入基準額
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円

(注意)扶養人数が1人増えるごとに475,000円が加算されます。

・追加給付

 申請書に記入し、こども青少年課まで提出してください。

(注意)追加給付は、新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降に、勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少したなどの影響があった場合に申請ができます。

【様式第5号】追加給付申請書 (PDF:108.4KB)

 

給付金対象(3)に該当する方

・基本給付

申請が必要です。 (注意)給付金対象(3)の方は追加給付はありません。

申請書に記入し、こども青少年課まで提出してください。

申請書を提出する際は、申請書の裏面に記載の提出書類を必ず添付してください。

【様式第3号】基本給付申請書(家計急変者) (PDF:190.8KB)

【様式第3号】基本給付申請書記載要領(家計急変者) (PDF:466.9KB)

D.【様式第4号】収入見込額申立書(家計急変者:本人用) (PDF:299.8KB)

E.【様式第4号】所得見込額申立書(家計急変者) (PDF:196.4KB)

F.【様式第4号】収入見込額申立書(家計急変者:扶養義務者等用) (PDF:194.2KB)
 

(参考)
I.【様式第4号】(別添)控除対象一覧表 (PDF:588.6KB)

 

提出書類

・申請者の方の本人確認書類の写し(運転免許証、 健康保険証、年金手帳等)

・通帳やキャッシュカードの写し(受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)を確認できる部分)

・戸籍謄本
 既に児童扶養手当の認定を受けている場合は不要です。

・令和2年2月以降の収入額が分かる書類の写し(給与明細書、年金振込通知書等)

 

収入基準額
扶養人数 申請者収入基準額 扶養義務者収入基準額
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円

(注意)扶養人数が1人増えるごとに475,000円が加算されます。

申請受付期間・申請場所

令和2年8月3日(月曜日)から令和3年1月29 日(金曜日)まで

本庁舎1階 こども青少年課 6番窓口

(注意)支給対象者(1)に該当する方は、定例の児童扶養手当の現況届提出時(8月3日(月曜日)から8月31日(月曜日)まで)に併せて、収入が減少している旨の申請を簡易な方法で行っていただきます。

給付金の支給時期

給付金対象(1)に該当する方

・基本給付

令和2年8月31日(月曜日)に、令和2年6月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

・追加給付

令和2年9月以降に、令和2年6月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

給付金対象(2)、(3)に該当する方

・基本給付及び追加給付

令和2年9月以降に、指定の口座に振り込みます。

(注意)給付金対象(3)の方は追加給付はありません。

その他

詐欺ご注意ください!

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください。

深谷市から問い合わせを行うことはありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに深谷市の窓口又は警察にご連絡ください。

厚生労働省「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター

電話:0120-400-903 (受付時間 平日 午前9時から午後6時まで)

お問い合わせ先

こども青少年課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6646
ファクス:048-551-4480
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。