平成28年度国民健康保険税の税率改正について

更新日:2017年6月5日

28zeiritsukaisei 急速な高齢化や医療の高度化などにより医療費が増大し続ける一方で、医療費を賄う国保税は、伸び悩み、市国保財政は大変厳しいものとなっております。市は、平成10年度に税率改正をしてから、平成27年度までの16年間国保税の税率を変えずに維持してきました。加入者の多くが所得水準の低い年金生活の高齢者や非正規雇用者であり、このようなかたの税負担を和らげようという市の施策によるものでした。その結果、深谷市の1人あたりの国保税は、県内40市中39位と県内でも低い市になりましたが、同時に赤字も膨らみました。この赤字を補うため、一般会計から毎年度多額の繰入れをしています。この一般会計のお金は、環境・福祉・教育など市政全般に使うためのお金です。市は、現在の一般会計から多額の繰入れをしている状況を改善する必要があると判断し、1世帯あたり調定額を県内市平均の水準まで引き上げるため、平成27年度に引き続き、市国保運営協議会の審議及び市議会の議決を経て、平成28年度においても税率の改正をしました。

 誰もが安心して医療を受けるための健康保険。今後も市国保を堅持するために、国保加入の皆さまには税の負担増をお願いすることになりますが、ご理解ご協力をお願いします。

 

新しい国保税の税率等

深谷市国民健康保険税の税率等が平成28年度より次のように改正されました。

 

国民健康保険税の税率等

 

医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
改正前 改正後 改正前 改正後 改正前 改正後
所得割額 5.4% 6.3% 2.7% 2.7% 1.0% 1.2%
資産割額 35.0% 35.0% - - - -
均等割額 9,000円 12,000円 4,000円 9,000円 7,800円 9,000円
平等割額 15,500円 17,000円 - - - -
課税限度額 510,000円 520,000円 160,000円 170,000円 140,000円 160,000円

 

<参考>

 以下のページで、市国保の現状、国保が抱える構造的な問題等を掲載しています。

(平成28年2月号から5月号の広報にも同様の内容を掲載しています。)

ピンチです!国保財政!(1)(市国保財政の状況等)(PDF:318.6KB)

ピンチです!国保財政!(2)(国保が抱える構造的な問題等)(PDF:265.1KB)

ピンチです!国保財政!(3)(新しい国保税はいくらになる?軽減及び減免制度等)(PDF:194.1KB)

お問い合わせ先

保険年金課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6641
ファクス:048-574-6666
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。