住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(9月1日更新)

更新日:2022年9月1日

令和3年度分の給付金の申請はお済ですか(申請期限が間近です!)

令和3年度分の住民税均等割が非課税の世帯を対象とした給付金の申請は、令和4年9月30日(当日消印有効)が提出期限となっています。

対象となる可能性のある世帯へ給付金の「確認書」を送付しています。まだ、申請がお済でない場合は、期限が間近ですので同封の返信用封筒にて「確認書」をご返送ください。

また、令和4年度分の住民税均等割が非課税の世帯を対象とした給付金の申請は、令和4年10月14日(当日消印有効)が提出期限となっています。

こちらもお早めにご返送ください。

1)住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々を支援するため、住民税非課税世帯へ1世帯あたり10万円を給付します。

対象世帯

基準日において、深谷市に住民登録があり世帯全員の住民税均等割が非課税の世帯。

ただし、世帯全員が住民税が課税されているかたの扶養を受けている場合は対象外となります。

 

1 令和3年度分の住民税均等割が非課税の世帯(基準日は令和3年12月10日)

令和4年2月7日に対象となる可能性のある世帯へ「確認書」を送付しました。まだ、返送されていないかたは、提出期限までにご返送ください。「確認書」を紛失された、または送付されているか不明なかたは、市役所給付金コールセンター(048-571-1211)へお電話ください。

  • 提出期限 令和4年9月30日(金曜日)(当日消印有効)

 

2 令和4年度分の住民税均等割が非課税の世帯(基準日は令和4年6月1日)

国の新たなコロナ禍における対策として、令和4年度分の住民税非課税世帯を対象とした給付を行うこととなりました。対象となる可能性のある世帯へ7月11日(月曜日)に「確認書」を送付しました。

  • 提出期限 令和4年10月14日(金曜日)(当日消印有効)

なお、すでに臨時特別給付金(令和3年度非課税世帯や家計急変世帯)の給付を受けた世帯または、当該世帯主を含む世帯(他市町村からの給付も含む)は対象外です。

 

令和4年1月1日以降 離婚されたかたについて

令和4年度の住民税の算定において、元配偶者に扶養されている場合でも、令和4年6月1日現在の世帯全員が非課税である場合、本給付金の対象となります。
ただし「確認書」は送付されませんので、「申請書」をご提出いただきますようお願いいたします。

「申請書」の郵送を希望されるかたは、コールセンターへお電話ください。
給付金コールセンター 048-571-1211(内線7076)

 

住民税非課税世帯の申請について

住民税非課税世帯あてに送付される「確認書」は、課税の基準日(令和3年1月1日または令和4年1月1日)に深谷市に住民票があり、課税状況を市が把握できる世帯となります。それ以降に転入された住民税非課税世帯のかたや未申告のかたは「申請書」により請求してください。

 

<申請書(請求書)>
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書) (PDF:179.3KB)
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)別紙(4人以上) (PDF:85.6KB)
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)記入例 (PDF:197.6KB)
(注)申請書(請求書)の印刷が難しいかたは郵送しますので、下記給付金担当までご連絡ください。

<添付書類>
1.申請・請求者本人確認書類の写し
2.受取口座を確認できる書類の写し
3.代理人確認書類の写し(代理人が申請・受給を行う場合のみ)

<提出期限>
令和4年9月30日(金曜日)

<提出先>
〒366-8501
深谷市仲町11番1号
深谷市福祉政策課給付金担当(深谷市役所本庁舎2階 会議室2-1B)
給付金コールセンター 048-571-1211(内線7076)

<提出方法>
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則郵送でお願いします。

 

 

2)家計急変世帯に対する臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、家計が急変し世帯全員の1年間の収入見込額が住民税非課税世帯と同様の事情にあると認められる世帯に対し、1世帯あたり10万円を給付します。

なお、すでに臨時特別給付金(令和3年度非課税世帯や家計急変世帯)の給付を受けた世帯(他市町村からの給付も含む)は対象外です。

申請対象期間の変更について

令和4年度の住民税非課税世帯への給付が始まることにより、令和4年6月1日より、家計急変世帯の申請対象となる期間が変更になりました。

 

≪変更点≫

令和4年5月31日(火曜日)まで

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年度の住民税均等割が課されている世帯全員の令和3年1月以降の「任意の1か月の収入」を12倍した年収見込額が住民税非課税相当水準以下にあると認められる世帯。

令和4年6月1日(水曜日)以降

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和4年度の住民税均等割が課されている世帯全員の令和4年1月以降の「任意の1か月の収入」を12倍した年収見込額が住民税非課税相当水準以下にあると認められる世帯。

 

(注)世帯全員が、住民税が課税されているかたの扶養を受けている場合は対象外です。

 

 

家計急変世帯の申請について

申請できる世帯

申請時に、深谷市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少した世帯で、令和4年1月以降の任意の1か月の収入を12倍した年収見込額が、住民税非課税相当水準以下となる世帯。

ただし、世帯員全員が、住民税が課税されているかたの扶養である場合や、臨時特別給付金の給付を受けた世帯(他市町村からの給付を含む)は対象外です。

申請受付期間

令和4年9月30日(金曜日)まで(当日消印有効)

住民税均等割非課税相当水準以下の判定方法

 1 令和4年1月以降の任意の1か月の収入を年収に換算して判定します。(収入の種類は給与収入、事業収入、不動産収入、年金)

 (注)遺族年金・障害年金など非課税の公的年金収入は含みません。
 (注)非課税相当水準の収入は世帯構成によって異なりますので下記の表をご確認ください。
2 申請時点の世帯状況で、令和4年度分住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの収入(所得)について判定します。

 (注)住民税非課税世帯の基準日(令和4年6月1日)以降の世帯分離(同一世帯だった者が基準日翌日以降に別世帯として同一住所に住民登録した場合)は、同一世帯とみなします。

対象とはならない事例

・事業活動に季節性がある場合や天候不順による減収など、収入が減少した理由が新型コロナウイルス感染症の影響と考えにくい場合。

・定年退職により収入が減少し、非課税相当水準となった場合。

 

 

<参考:判定方法のイメージ(給与所得者の例)>

 

判定方法のイメージ

申請方法

申請書に必要事項を記入し、下記の窓口まで郵送もしくは直接ご提出ください。

家計急変世帯に対する臨時特別給付金のご案内 (PDF:850.8KB)

以下のとおり申請書(請求書)及び添付書類をご提出ください。

申請書(請求書)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書) (PDF:196KB)
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)【記入例】 (PDF:215KB)
簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者) (PDF:246.5KB)
簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者)【記入例】 (PDF:632.8KB)

(注)申請書(請求書)の印刷が難しいかたは郵送しますので、下記給付金担当までご連絡ください。

添付書類

1 申請・請求者本人確認書類の写し
2 受取口座を確認できる書類の写し
3 代理人確認書類の写し(代理人が申請・受給を行う場合のみ)
4 「令和4年1月以降の任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し
   ・任意の1か月の収入…給与明細書等

提出先

〒366-8501
深谷市仲町11番1号
深谷市福祉政策課給付金担当(深谷市役所本庁舎2階 会議室2-1B)
給付金コールセンター 048-571-1211(内線7076)

提出方法

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則郵送でお願いします。

給付金の給付時期・給付方法

給付時期

確認書の場合は深谷市で受け付けてから概ね1か月以内
申請書の場合は受け付けてから概ね2か月後
(注)書類に不備があった場合は振り込みが遅れることがあります。

給付方法

原則、世帯主名義の口座へ振り込みます。

(注)口座振込が原則ですが、口座をお持ちでない方は「現金」で給付することが可能です。確認書または申請書の振込口座の記載欄の欄外に「現金希望」とお書きください。ただし、現金で給付する場合は、概ね3か月以内となりますので、あらかじめご了承ください。

配偶者等からの暴力(DV)を理由に避難しているかたへ

配偶者等からの暴力(DV)を理由に避難しているかたで、令和4年6月1日以前に深谷市に住民票を移すことができなかった場合は、所定の手続きをしていただくことで給付金を受け取ることができる場合があります。

申請に必要な書類等は以下のとおりです。詳しくは次のチラシをご覧ください。

DV等で深谷市に避難されているかたへ(チラシ) (PDF:722.3KB)

申出書(住民税非課税世帯・家計急変世帯共通様式)

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している旨の申出書 (PDF:119.9KB)

(添付書類)
1.申請・請求者本人確認書類の写し
2.受取口座を確認できる書類の写し
3.DV等避難中であることを明らかにできる書類
4.代理人確認書類の写し(代理人が申請・受給を行う場合のみ)

上記「申出書」のほか、臨時特別給付金の申請書をご提出ください。

不明な点がございましたら、給付金コールセンター048-571-1211(内線7076)へお問い合わせください。

 

 

 

 

注意事項

・給付金を受け取られた後、給付要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。
・意図的に虚偽の申請をした場合は、不正受給として詐欺罪に問われる場合があります。

給付金の「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

自宅や職場などに都道府県・市区町村や国(の職員)などをかたる不審な電話や郵便があった場合は、最寄りの警察署(深谷警察署:048-575-0110、寄居警察署:048-581-0110)か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

内閣府コールセンター(制度に対するお問い合わせ)

電話番号:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時まで(土日祝日を含む)
(注)支給手続きや支給時期については深谷市へお問い合わせください。

内閣府ホームページ

お問い合わせ先

福祉政策課 給付金担当
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-571-1211(内線7076)
ファクス:048-574-6667
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。