介護保険料とその納め方

更新日:2019年8月14日

大里広域市町村圏組合の介護保険料について

 (1)第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料

65歳以上の方の保険料は、各保険者のサービス水準によって異なり、個人単位で所得に応じて10段階に区分されています。

第1号被保険者(65歳以上)の方の介護保険料は下表のとおりです。

 

第1号被保険者(65歳以上)の方の介護保険料
所得段階 対象となる方 保険料年額(調整率)
第1段階
  • 生活保護受給者の方
  • 老齢福祉年金受給者で、本人および世帯全員が市民税非課税の方
  • 本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方

24,750円
(基準額×0.375)

第2段階
  • 本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下の方

37,950円
(基準額×0.575)

第3段階
  • 本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超える方

47,850円
(基準額×0.725)

第4段階
  • 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方

59,400円
(基準額×0.9)

第5段階
  • 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方

66,000円
(基準額)

第6段階
  • 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が120万円未満の方

79,200円
(基準額×1.2)

第7段階
  • 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方

85,800円
(基準額×1.3)

第8段階
  • 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方

99,000円
(基準額×1.5)

第9段階
  • 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が300万円以上600万円未満の方

115,500円
(基準額×1.75)

第10段階
  • 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が600万円以上の方

125,400円
(基準額×1.9)

表中には、平成31年度から32年度の年額保険料が記載されています。

  • 保険料の段階を引き下げれば生活保護にならない場合は、その段階まで保険料が軽減されます
  • 老齢、退職、遺族、障害年金が年額18万円(月額1万5千円)以上の方は、原則として年金から天引きされます
  • 年金額が年額18万円(月額1万5千円)未満の場合は、納付書で納付していただきます
  • 年度途中で65歳になる方などは、納付書で納付します
  • 災害など特別な事情がある場合は、減免制度があります
  • 生活保護受給者には、保険料相当分が生活扶助費として支給されます

(2)第2号被保険者(40~64歳以下の方)の保険料

医療保険料(健康保険料または国民健康保険税)に上乗せされて徴収されます。現在加入している医療保険の算定方法により保険料は決まります。詳細は、加入している医療保険の事務所にお問い合わせください。

(3)介護保険料を滞納すると?

災害など、特別な事情がないのに、保険料の滞納が続く場合、介護保険サービスの利用者負担が3割または4割になる措置がとられます。保険料は必ず、お納めください。保険料を納めることが困難な方は、介護保険担当窓口で納付についてご相談ください。

お問い合わせ先

長寿福祉課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-8544
ファクス:048-574-6667
メールフォームでのお問い合せはこちら