新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年9月10日)

更新日:2021年9月10日

市長メッセージ

市民の皆さまへ(令和3年9月10日)

  

 国は、9月12日を期限とした新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言について、医療体制が依然としてひっ迫している状況などから、埼玉県を含む19都道府県において9月30日まで延長することを決定いたしました。

 本市における感染者状況といたしましては、7月中旬以降、新規感染者数が急増し、8月中だけで600人以上の方の感染が確認されております。
 感染者数の急激な増加に伴い、自宅で療養される方も急増し、一時は200人を超える方が療養されておりました。
 このような状況から、埼玉県における自宅療養者への生活支援が必要な方に十分行き届かないなどの状況が生じております。
 現在、感染者数が減少傾向に転じ、自宅で療養される方も減少している状況でございますが、市といたしましては、少しでも自宅で療養されている方やそのご家族も安心して生活していただけるよう様々な支援を検討し、早急に対応できるよう考えております。

 また、今回の緊急事態宣言の延長に伴い、現在、実施している公共施設の予約や利用の停止、また開館時間の短縮等につきましては、引き続き、10月3日(日曜日)まで継続することといたしましたので、ご不便をおかけすることとなりますが、何卒、ご理解をいただきますようよろしくお願いいたします。

 市民の皆さまにおかれましては、引き続き、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                        令和3年9月10日 深谷市長 小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年9月1日)

 

 本市では、高齢者(65歳以上のかた)に対するワクチン接種がおおむね完了し、8月17日から優先接種対象のかたへの接種を進めております。

 現在、市内でも若い世代を中心に新型コロナウイルスの感染が急激に拡大している状況を踏まえ、優先接種対象外の64歳以下のかたへの接種予約の開始を当初の予定より早め、本日から12歳以上のすべてのかたを対象にワクチン接種予約を開始いたしました。
 加えて、妊娠中のかたへの安心・安全なワクチン接種機会の速やかな確保が重要であると考え、医師会及び市内産婦人科の医療機関のご協力のもと接種体制を整えたところです。
 ワクチン接種を希望する皆さんが一日でも早く接種できるよう、深谷市では、9月から10月におけるワクチン接種について、約74,000回の接種が可能となる医療体制を確保しておりました。

 しかしながら、国からのワクチン接種供給量については9月分として約22,000回、10月分については約26,000回の供給が見込まれており、深谷市のワクチン接種に係る医療体制に比べ、ワクチンの供給量が十分でない状況となっております。
 今後においては、国からのワクチンの供給量を見極めながら、医師会及び市内医療機関と、より一層の連携を図り、ご協力をいただきながら速やかに接種体制を整え、市民の皆さまが少しでも安心されるよう逐次ホームページ等でお知らせしてまいりますのでご理解いただきますようお願いいたします。

 また、市内の公立小・中学校では、児童生徒の学びの保障や心身に与える影響を考慮し、臨時休業は行わず、様々な家庭の状況を考慮して、福祉の観点から給食を提供することとし、授業時間を短縮するなど感染症対策を徹底したうえで、2学期を開始いたしました。

 最後に、市民の皆様には再三にわたる自粛等のお願いとなり、ご不便をおかけいたしますが、引き続き、深谷市では医療体制の確保やワクチン接種の実施などに全力を挙げて取り組んで参りますので、今後も皆様一人ひとりが手洗い、マスクの着用、3密を避けるなど感染予防の更なる徹底をいただきますようお願いいたします。 

 

                         令和3年9月1日 深谷市長 小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年8月17日)

 

 全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者数がこれまでにない勢いで急増している状況を踏まえ、国は、新たに緊急事態宣言の対象地域として埼玉県に隣接する群馬県、栃木県、茨城県を含む7府県を追加する方針を示しております。
 このような状況のもと、県内に発令されている緊急事態宣言についても、今月の31日までとしていた適用期間を延長する見通しであります。

 県内では、若い世代を中心に、新規感染者が急増していることから、自宅療養される方も増えてきております。また、中等症や重症の患者の増加により医療体制をひっ迫しつつある状況であります。

 本市におきましても、連日多くの新規感染者が確認されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況となっております。
 今月に入り、保育園や幼稚園など未就学児が通う施設においても、新規感染者が増えており、保護者の方におかれましては、お子様のご家庭での健康管理には十分ご留意くださいますようお願いいたします。
 なお、咳、発熱などの症状がある場合には、小・中学校を含め、登園、登校を控えていただきますよう重ねてお願いいたします。

 市民の皆さまには、これまでも様々なご協力をいただいているところですが、非常事態であることをご理解いただくとともに、引き続き、手洗い、マスクの励行や不要不急の外出を控えるなどの感染症対策の徹底をお願いいたします。

 

                         令和3年8月17日 深谷市長 小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年7月31日)

 

 全国の新規感染者が連日のように過去最高を記録し、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況を踏まえ、昨日、埼玉県を含む4府県を対象地域とした緊急事態宣言が国から発令されました。

 夏休みを迎え人流の増加や感染力が強いデルタ株の急速な拡大の影響により、県内では10代から20代の若者を中心に、新規感染者が急増しております。
 本市におきましても7月に入り、新規感染者が急増しており、予断を許さない状況となっております。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するためには、何より一人ひとりの予防対策が重要となります。
 これから、帰省や旅行など、人の往来が増える時期となりますが、市民の皆さまには、これ以上の感染を拡大させないためにも、不要不急の外出の自粛や、感染しない、させないための行動をとっていただきますようお願いいたします。

 また、緊急事態宣言の対象地域となったことを踏まえ、現在、実施している公共施設の開館時間の短縮等につきましては、引き続き、9月3日(金曜日)まで継続することといたしましたので、ご理解とご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

                         令和3年7月31日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年7月28日)

                         

 現在、埼玉県の実施する「まん延防止等重点措置」において、県境をまたぐ移動、特に緊急事態措置区域との往来を極力控えることなどの要請がなされておりますが、昨日、県内の感染者数が過去最高を記録するなど、急激な新規感染者の増加に歯止めがかかっていない状態です。

 本市においても、7月に入ってからは連日、多くの感染者が発生しており、特に若い世代のかたの感染が増えてきております。市民の皆さまにおかれましては、人が多く集まる場所においては、マスクの着用、手指の消毒、3密(密閉・密集・密接)を避けるなど、今まで以上に感染防止を徹底くださいますようお願いいたします。

 また、新型コロナワクチンの接種がお済みになられたかたも、効果的な抗体ができるまでには、接種後、一定の期間を要し、完全に感染を防ぐものではないことから、感染予防を引き続き行っていただきますよう併せてお願いいたします。

 

                         令和3年7月28日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年7月14日)

 

 埼玉県では、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が増加に転ずる兆しがみられ、感染力が強いと言われているデルタ株への懸念が引き続き存在することなどから、4月に発令された「まん延防止等重点措置」について、今回で4度目の期間の延長を決定いたしました。

 本市におきましては、長期間にわたり市民の皆さまに様々な感染防止対策に取り組んでいただいたことにより、6月以降の新規感染者は減少傾向に転じております。

 これから、夏休みを間近に控え、旅行やレジャーなど、人の往来や大勢の方が集まる機会が増える時期となります。
 市民の皆さまには、再度、感染を拡大させないためにも、不要不急の外出や緊急事態措置区域との往来は極力控えていただくようお願いいたします。

 また、本市においても、新型コロナワクチンの接種を進めておりますが、効果的な抗体ができるまでには、接種後、一定の期間を要すると言われております。ワクチン接種は感染を防ぐ有効な手段ではありますが、引き続き、マスクの着用、手指の消毒、3密(密閉・密集・密接)を避けるなど、感染防止に努めていただくようお願いいたします。

 

                          令和3年7月14日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年7月6日)

 

 本市では、65歳以上のかたのワクチン接種を開始して以降、約32,000人のかたが1回目の接種を終えたところでございます。7月からは、これまでの集団接種会場と個別接種会場に加え、市内医療機関のご協力をいただき、新たに40カ所の個別接種会場を追加しワクチン接種を進めてまいります。

 また、16歳から64歳以下のかたにつきましても、国の大規模接種及び企業、大学等の職域接種をご利用いただけるよう、7月2日(金曜日)から、ワクチン接種券を発送しているところでございます。
 なお、本市での64歳以下のかたのワクチン接種の予約につきましては、8月以降、優先接種対象者から、順次、開始してまいりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 現在、東京都を含む9都府県の緊急事態宣言が解除となり、まん延防止等重点措置に移行し、埼玉県においても引き続き重点措置期間が延長されております。
 本市の状況といたしましては、6月以降、新規感染者は減少傾向となっておりますが、県内では新型コロナウイルスの変異株による感染も確認されていることから、市民の皆さまには、引き続き、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年7月6日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年6月4日)

 

 埼玉県が「まん延防止等重点措置」を実施すべき地域に指定されてから、今回で2回目の延長となります。県内の感染者の増加ペースは緩やかに減少している状況ですが、依然として高止まりを続けており、厳しい状況が続いております。
 本市は対象区域に指定されてはおりませんが、度重なる不要不急の外出自粛等をお願いしなければならない状況が続いており、市民の皆さまには長期に渡るご協力をいただいておりますことを心より感謝申し上げます。

 また、先月22日から、高齢者のかたへのワクチン接種を開始したところでございますが、新型コロナウイルスの感染を抑え込むためには多くのかたに接種していただくことが重要であります。
 市といたしましても、医療機関のご協力をいただきながら、職員も一丸となって対応にあたってまいりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 市民の皆さまには引き続き、不要不急の外出自粛、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年6月4日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年5月11日)

 

 国は、新型コロナワクチンの提供について、6月中には、高齢者の皆さまの接種に必要な量を配布する見通しであることを発表し、本市においては、初回分として、約17,000回分のワクチンが供給されました。
 このワクチンの接種にあたりましては、地域の医療従事者の皆さまのご協力をいただきながら、5月下旬から岡部公民館及び花園公民館を会場として集団接種を開始し、6月からは、市内7か所の医療機関においても個別接種を開始いたします。

 また、65歳以上のかたを対象にワクチン接種に必要な接種券などが入った封筒を、5月7日(金曜日)から順次、発送しており、希望するかたは接種する場所や日時を予約していただくこととなっております。
 予約につきましては、Webサイトでの予約受付とコールセンターでの電話予約の受付を開始している状況ですが、電話予約においては混み合うことが予想されますので、可能なかたにおかれましては、Webサイトでの予約にご協力くださるようお願いいたします。

 なお、かかりつけ医がいるかたは、ワクチン接種について事前にご相談いただくことも併せてお願いいたします。

 今後、ワクチン接種を希望する65歳以上の高齢者の皆さまが円滑かつ安全にワクチンを接種できるよう進めてまいりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 

                          令和3年5月11日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年4月20日)

 

 国は、新型コロナウイルス感染症の変異ウイルスによる感染が急速に拡大している傾向を受け、4月16日に埼玉県を含む4県への「まん延防止等重点措置」の適用を決定いたしました。
 これを受け、埼玉県では、さいたま市及び川口市を、重点措置を講じるべき対象区域としましたが、措置区域以外においても感染拡大を防ぐため、県境をまたぐ移動の自粛や日中も含めた不要不急の外出自粛など、県民に対し協力を要請しております。

 本市におきましては、今回の「まん延防止等重点措置」に伴い、現在、実施している公共施設の開館時間の短縮等につきましては、引き続き、5月22日(土曜日)まで継続することといたしましたので、ご理解ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 これから、大型連休を間近に控え、旅行やレジャーなど、人の往来や大勢の方が集まる機会が増える時期となりますが、市民の皆さまには、引き続き、不要不急の外出自粛、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 また、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。不確かな情報による風評被害や差別、偏見等が起こらないよう冷静な対応を重ねてお願い申し上げます。

 

                          令和3年4月20日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年4月7日)

 

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。

 現在、全国的に新型コロナウイルスの感染者数は、再び増加傾向に転じており、国は、感染拡大を抑止するため、大阪府、兵庫県、宮城県に対し、緊急事態宣言の前段階とされる「まん延防止等重点措置」の適用を初めて決定いたしました。
 埼玉県では、4月1日以降の段階的緩和措置として、県民に対し不要不急の外出自粛や県境をまたぐ移動の自粛、また、飲食店に対しまして営業時間の短縮等について要請をしている状況であります。
 本市の状況としましては、2月以降、新規感染者は大幅な減少傾向となっておりますが、県内では変異ウイルスによる感染者も出ていることから、引き続き、基本的な感染症対策を行っていただきたいと思います。

 これから4月は、新入学や入社のシーズンとなり、新たな生活をスタートされる方が多くおられると思います。人と人との交流が増える時期でもあります。新たな人との出会いは人生の宝でありますが、オンラインの活用等、密を回避するコミュニケーション方法も取り入れていただきながら、新たな生活の一歩を踏み出していただけたらと思います。

 市民の皆さまには、いま一度、感染のリスクは日常のあらゆる場面に存在していることを強く意識していただき、引き続き、不要不急の外出自粛、県境をまたぐ移動を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年4月7日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年3月23日)

 

 国は、埼玉県を含む1都3県に発令した約2か月半に及んだ緊急事態宣言を、3月21日をもって解除しました。
 市民の皆さまには、宣言中の夜間外出自粛など、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。

 緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の感染は未だに収束しておりません。
 これから、年度の節目を迎え、卒業旅行や歓送迎会などの様々な行事を通じて人の交流が増える時期となります。
 市民の皆さまには、引き続き、不要不急の外出自粛、県境をまたぐ移動を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 また、緊急事態宣言が解除されたことに伴い、現在、実施している公共施設の予約や利用の停止、開館時間の短縮等につきましては、県の段階的緩和措置等を踏まえ、段階的に利用制限を緩和してまいりますので、ご理解、ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

                           令和3年3月23日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年3月9日)

 

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 国は、3月7日を期限とした新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言について、新規感染者数の下げ止まりや、病床がひっ迫している状況を踏まえ、埼玉県を含む1都3県において、3月21日まで、2週間延長することを決定いたしました。

 本市の状況としては、2月以降、新規感染者数は大幅に減少しておりますが、県内では変異型のウイルスが発見されるなど、未だ予断を許さない状況であります。

 年度末を迎え、卒業旅行やお花見など、様々な行事を通じて人の交流が増える時期となります。市民の皆さまには、引き続き、日中・夜間の不要不急の外出自粛、特に午後8時以降の外出を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 また、今回の緊急事態宣言の延長に伴い、現在、実施している公共施設の予約や利用の停止、また開館時間の短縮等につきましては、令和3年3月24日(水曜日)まで継続することとなりましたので、ご理解、ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

                            令和3年3月9日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年2月26日)

  

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

 緊急事態宣言について、関西3府県と愛知県、岐阜県及び福岡県が2月末までの解除前倒しとなりましたが、埼玉県を含む1都3県では、緊急事態宣言の期間について、当初の予定どおり、3月7日(日曜日)までとする方針が示されました。
 2月初めに緊急事態宣言の延長が決定されて以降、新規感染者数は全国的に減少傾向にあります。しかし、埼玉県内では、このところ減少傾向に鈍化がみられており、未だ予断を許さない状況であります。
 本市の状況としては、2月以降、新規感染者数は大幅に減少し、感染者がいない日もあり、市民の皆さま一人ひとりが感染防止対策をしっかり意識していただいている成果だと感謝しております。

 緊急事態宣言を3月7日で終わらせるため、ここが正念場です。
 引き続き、市民の皆さまには、日中・夜間の不要不急の外出の自粛、特に午後8時以降の外出を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年2月26日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年2月8日)

 

 国は、2月7日を期限とした新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言について、医療体制が依然としてひっ迫している状況などから、埼玉県を含む10都府県において3月7日まで延長することを決定いたしました。

 今回の緊急事態宣言では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑え込むために、とくに外出の自粛が求められております。
 午後8時以降の不要不急の外出自粛はもちろん、日中も含めた外出・移動の自粛、また、都道府県をまたぐ移動についても極力控えていただきますよう市民の皆さまの更なるご協力をお願いいたします。

 また、今回の緊急事態宣言の延長に伴い、現在、実施している公共施設の予約や利用の停止、また開館時間の短縮等につきましては、引き続き、令和3年3月10日(水曜日)まで継続することといたしましたので、ご理解ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 市民の皆さまにおかれましては、引き続き、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年2月8日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年2月1日)

 

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 現在、緊急事態宣言が埼玉県に発令されて、3週間が経過いたしました。国内の感染者数は過去最高を更新しつづけた時期に比べ、多少減少傾向にありますが、依然として新型コロナウイルス感染症の感染拡大は続いており、本市におきましても、新型コロナウイルス感染症の感染者数は増加している状況です。

 今後の国・県の動向を踏まえ、現在実施している公共施設の予約や利用の停止、また開館時間の短縮等につきまして、期間延長の有無等を判断してまいりますのでご理解ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

 市民の皆さまにおかれましては、引き続き、日中・夜間の不要不急の外出の自粛、特に午後8時以降の外出を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 

                           令和3年2月1日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年1月18日)

 

 現在、国内では、新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大を受け、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域として、埼玉県を含む1都3県に続き、新たに大阪府や愛知県など7府県が追加されました。
 緊急事態宣言の対象地域となる11都府県では、新規感染者が急増したことにより、医療体制がひっ迫するなど深刻な状況におかれています。
 医療崩壊を防ぐためには、感染そのものを抑え込むことが何よりも重要であります。

 本市におきましても、12月以降、新規感染者数は急速に増加しており、累計感染者数は、現在347名で感染経路は、勤務先などで感染した方から家庭内感染へ広がるケースが増加しております。

 市民の皆さまにおかれましては、日中・夜間の不要不急の外出の自粛、特に午後8時以降の外出を自粛していただくとともに、3密(密閉・密集・密接)を避けた行動や正しいマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

 また、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。不確かな情報による風評被害や差別、偏見等が起こらないよう冷静な対応を重ねてお願い申し上げます。

 

                          令和3年1月18日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年1月8日)

 

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 昨日、国は新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大を食い止めるため、埼玉県を含む1都3県を対象に、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、緊急事態宣言を発令しました。
 埼玉県におきましても、緊急事態措置として、県民に対して不要不急の外出や県境をまたぐ移動の自粛、特に午後8時以降の不要不急の夜間外出自粛を要請しております。
 市民の皆さまにおかれましては、その趣旨をご理解いただき、不要不急の外出を控えていただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 また、本市では、現在実施している公民館等の屋内公共施設の新規の予約受付を停止する等の対策について、国・県の動向を踏まえ、原則、令和3年2月10日(水曜日)まで延長し、開館時間を午後8時までに短縮いたします。
 なお、屋外公共施設につきましては、予約受付は可能ですが、令和3年1月11日(月曜日)より開館時間を午後8時までに短縮いたします。

 市民の皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、感染拡大を収束させるまで、なお一層のご理解とご協力をお願いいたします。

 

                           令和3年1月8日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和3年1月5日)

 

 新年おめでとうございます。

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき心より感謝申し上げます。

 国内では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の勢いが止まらない状況が続いており、国は本県を含む1都3県に対し、今週内にも「緊急事態宣言」の発出を正式に決定する見通しであります。

 本市におきましても、新規感染者数は11月以降急増し、累計感染者数は262名となっており、感染経路につきましては、家庭内で感染するケースが増加している状況であります。

 現在、本市では、国・県の動向を踏まえ、本年1月17日(日曜日)までの間、公民館等の屋内施設の新規の予約受付を停止する等の対策をとらせていただいておりますが、今後も引き続き、関係機関等と連携し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するためには、何より一人ひとりの予防対策が重要となります。

 市民の皆さまにおかれましては、感染を予防するために、引き続き、3密(密閉・密集・密接)の回避やマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの徹底、室内の換気など、日々の感染防止対策を実践していただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。
 

                           令和3年1月5日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年12月22日)

 

 本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 国内では、連日のように感染者数が過去最高を更新し、医療体制がひっ迫している状況が報道されておりますが、大阪府や北海道が自衛隊に災害派遣を要請するなど、全国的にも厳しい状況が続いております。
 また、政府は全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を踏まえ、人の往来を抑えるために、「GO TOトラベル」を今月28日から来年1月11日まで全国一斉に一時停止することを決定いたしました。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するためには、何より一人ひとりの予防対策が重要となります。
 これから、年末年始を迎えるにあたり、様々な行事等が控えておりますが、市民の皆さまにおかれましては、正月三が日にこだわらない分散参拝等、人混みを避ける工夫や、体調不良の場合には移動を控えていただくなど、引き続き、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 寒さの厳しい折となりましたが、体調管理には十分注意してお過ごしいただき、令和3年が市民の皆さまにとりまして、実り多き年となりますようお祈り申し上げます。

 

                          令和2年12月22日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年12月14日)

 

 本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 全国で新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している中、本市における累計感染者数は、現在165名となっております。12月以降では、新規感染者数が急速に増加し、84名の方の感染が判明しております。
 その多くが、高齢者施設での集団感染によるものでありますが、新型コロナウイルス感染症は、あらゆる場面、あらゆる年代での感染拡大が懸念されます。

 地域の医療機関では、重症化のリスクが高い高齢者等の患者が急増したことにより、医療体制がひっ迫し、深刻な影響が懸念される状況であります。

 市民の皆さまにおかれましては、これから年末年始を迎えるにあたり、改めて3密(密閉・密集・密接)の回避やマスクの着用、こまめな手洗い、咳エチケットの再徹底、また、室内の換気など、日々の感染防止対策を実践していただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 

                          令和2年12月14日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年12月4日)

  

 本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき改めて感謝申し上げます。

 現在、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しており、本市においても連日感染者が確認される中、家庭内や職場等で感染するケースが多い状況でございます。特に高齢者においては介護施設での集団感染が判明するなど、憂慮すべき事態となっております。

 感染者が急増することにより、本市の医療体制がひっ迫する恐れもあることから、感染者の急増そのものを抑えることが何よりも重要であります。

 市民の皆さまにおかれましては、感染を予防するために、引き続き、身体的距離の確保、マスクの着用、こまめな手洗いや咳エチケットの再徹底など、日々の感染防止対策を実践していただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 また、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。感染された方はもとより、PCR検査等を受けた方や医療従事者、介護従事者並びにその関係者の方々等に対し、誤解や偏見に基づく差別的な言動などは、決してあってはならないことであります。
 師走の慌ただしい時期となりましたが、市民の皆さまには、不確かな情報による風評被害や差別、偏見等が起こらないよう冷静な対応を重ねてお願い申し上げます。

 

                           令和2年12月4日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年11月30日)

 

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。

 現在、全国において新型コロナウイルス感染症の感染が広がり、たいへん懸念される事態となっておりますが、本市においても、11月に入ってから45名の方の感染が判明しております。

 また、本日付けの新聞報道等にもありましたとおり、市内の介護施設、ケアハウスあかつきにおきまして、職員や入所者計11名の集団感染が判明いたしました。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。市民の皆さまには、不確かな情報による風評被害や差別、偏見等が起こらないよう冷静な対応を改めてお願いいたします。

 市といたしましても、県や関係機関と連携し、引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け取り組んでまいります。

 市民の皆さまにおかれましては、感染を予防するために、引き続き、身体的距離の確保、マスクの着用、こまめな手洗いや咳エチケットの再徹底など、日々の感染防止対策を実践していただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 

                          令和2年11月30日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年11月25日)

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき改めて感謝申し上げます。

 国内では、現在、都市部を中心に新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大し、全国各地で新規感染者が急増しております。

 本市においても、新型コロナウイルス感染症の累計感染者数は、現在68名となっておりますが、その内11月以降での新規感染者が36名という状況であります。

 新型コロナウイルス感染症は、年齢が上がるほど重症化しやすいと言われております。本市における60歳以上の累計感染者数は17名であり、その内13名の方が11月以降に感染が確認されたもので、また、感染経路につきましては、家庭内で感染するケースが増加しております。

 市民の皆さまにおかれましては、感染を予防するために、引き続き、身体的距離の確保、こまめな手洗いや咳エチケットの再徹底など、日々の感染防止対策を実践していただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 

                          令和2年11月25日  深谷市長  小島  進

 

市民の皆さまへ(令和2年11月12日)

  現在、全国的に「Go To トラベル」や「Go To イート」の利用が拡大し、観光地などでは人の賑わいが戻りつつあります。しかし、往来や交流が活発になるに伴い、人と人が接触する機会も増え、全国的にも再び感染の広がりがみられる状況となっております。

 本市における新型コロナウイルス感染症の累計感染者数は、現在39名となっており、10月以降では14名の新規感染者が報告されております。

 これから冬場を迎え、寒さが増してまいりますが、室内での感染防止には、一定時間で空気を入れ替え、密閉空間を作らないように換気をしっかりと行うことが効果的であると言われています。

 市民の皆さまにおかれましては、感染を予防するために、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など、日々の感染防止対策をしていただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

                           令和2年11月12日  深谷市長  小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年10月29日)

 市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき改めて感謝申し上げます。

 これから寒い季節を迎えるにあたり、新型コロナウイルス感染症に加え、季節性インフルエンザの流行が懸念されており、同時に罹患することで重症化しやすいと言われています。

 市民の皆さまにおかれましては、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など日々の感染防止対策を実践していただくことが、新型コロナウイルス感染症の予防だけでなく、季節性インフルエンザの予防にも繋がりますので、十分に体調に気をつけてお過ごしくださいますようお願い申し上げます。

                           令和2年10月29日  深谷市長  小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年9月25日)

  市民の皆さまには、本市における新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解、ご協力をいただき心から感謝申し上げます。本市では、今まで24名の感染が報告されております。現在、新規感染者は減少傾向にあるものの、まだまだ予断を許さない状況が続いております。

 市民の皆さまには、「新しい生活様式」を再確認していただき、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など日々の感染防止対策を実践していただくとともに、「感染しない」、「感染させない」ための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

 新型コロナウイルスに対する感染のリスクは、誰にでもあります。感染された方や、また、そのご家族の方々などに対し、誤解や偏見に基づく差別的な言動などは、決してあってはならないことであります。市民の皆さまには、不確かな情報による風評被害や差別、偏見等が起こらないように、冷静な対応をお願いいたします。

                           令和2年9月25日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年9月1日)

 現在、新型コロナウイルスの新規感染者は、全国的に下降傾向にありますが、本市におきましては、今まで感染が報告された21人のうち、11人が8月の1カ月間で判明した新規感染者という状況であります。

 特に、県北部におきましては、感染の広がりが懸念され、まだまだ予断を許さない事態にあります。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。

 市民の皆さまには、『新しい生活様式』を再確認していただき、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など日々の感染防止対策を実践していただきますようお願い申し上げます。

                            令和2年9月1日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年8月16日)

 市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止のため、ご理解とご協力をいただいている中、誠に残念ではございますが、本市消防職員の感染が判明いたしました。

 職員一人ひとりが「うつらない」、「うつさない」ための意識ある行動を再度徹底してまいります。

 現在、全国において新型コロナウイルスの感染が広がり、たいへん懸念される事態となっています。新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがございます。

 市民の皆さまには、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など日々の感染防止対策を実践していただきますようお願い申し上げます。

                            令和2年8月16日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年7月31日)

 市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止のため、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 現在、大都市圏を中心に、全国において新型コロナウイルスの感染が広がりつつある傾向にあり、たいへん懸念される事態となっています。

 市民の皆さまには、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など、日々の感染防止対策をしていただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

                            令和2年7月31日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年7月7日)

 「緊急事態宣言」が解除され、1カ月半余りが経過しますが、市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止のため、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 すでに報道されておりますが、7月3日に本市在住のかたの新型コロナウイルス感染症の感染事例がさいたま市から発表されました。本市においては、5月2日以来、9例目の感染事例であります。

 現在、東京都をはじめ埼玉県においても感染が広がりつつある傾向にございます。市民の皆さまには、引き続き、身体的距離の確保、手洗いや咳エチケットの徹底など、日々の感染防止対策をしていただくとともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

                            令和2年7月7日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年5月29日)

 本市では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、市内の公共施設等の休館の取り組みなどを、原則、6月30日までとさせていただいておりますが、「緊急事態宣言」の解除に伴い、国・県の動向などを踏まえ、効果的な感染防止策を講じることを前提に、一部利用の制限を設け、順次、再開してまいります。

 「緊急事態宣言」は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではなく、長期化することを見据える必要があります。

 市民の皆さまには、引き続き、感染症予防対策の徹底とともに、感染しない、感染させないための行動をとっていただきますようお願い申し上げます。

                            令和2年5月29日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年5月28日)

 医療従事者や介護・福祉に携わる方々の懸命なご努力と市民の皆さまの行動抑制等のご協力の結果、5月25日に全国で緊急事態宣言が解除されました。皆さまのご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

 本日、深谷寄居医師会と深谷市が協力して、市内に「PCR検査センター」を開設しました。
 「PCR検査センター」では、かかりつけ医によって検査が必要と判断した際に、予約制で検査を行います。検査はドライブスルー方式で、医師会会員の医師が交代で担当します。

 緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大が終息したわけではありません。市民の皆さまにおかれましては、「新しい生活様式」を取り入れて、引き続き感染予防に努めていただきますようお願いいたします。

                            令和2年5月28日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年5月1日)

 市民の皆さまには、外出自粛をはじめ、本市における新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みに対し、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 また、社会生活の安定を懸命に支えてくださっている医療関係者や介護・福祉施設をはじめとする多くの皆さまには、心から感謝申し上げます。

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大については依然厳しい状況という認識を改めて示しており、全国を対象に緊急事態宣言を延長する方向で準備を進めています。埼玉県においても、連日感染者が確認されており、すぐには感染拡大の収束を見通せない状況です。

 このような状況のもと、本市では、公共施設等の休館の取り組みなどを、原則、令和2年6月30日(火曜日)まで延長する方針を決定いたしました。

 市民の皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、感染拡大を収束させるまで、なお一層のご理解とご協力をお願いいたします。

                             令和2年5月1日 深谷市長 小島  進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年4月17日)

 昨日、緊急事態宣言が全国に拡大され、埼玉県を含む13都道府県は、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、「特定警戒都道府県」に位置付けられました。
 市民の皆さまにおかれましては、より一層、外出を自粛していただくとともに、感染症予防に努めていただくよう、強くお願いいたします。
 市といたしましても、市民サービスを継続的に提供できるよう、時差出勤、交代勤務などを活用し、庁舎等での3密を避けるよう努めて参りますので、市民の皆さまには、ご理解、ご協力賜りますようお願いいたします。

                            令和2年4月17日 深谷市長 小島 進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年4月8日)

 昨日、安倍首相より埼玉県を含む7都府県に緊急事態宣言が発令され、大野埼玉県知事より県民に向けてメッセージが発せられました。
 市民の皆さまにおかれましては、その趣旨をご理解いただき、できるだけ不要不急の外出を控えていただくとともに、イベント等の実施については引き続き自粛をお願いいたします。
 また、買い占め等は控えていただくなど、冷静な行動をお願いいたします。
 市といたしましても、国・県と歩調をあわせて、必要な対応を行って参りますので、市民の皆さまには、ご不便をおかけすることになりますが、ご協力をお願いいたします。

                            令和2年4月8日 深谷市長 小島 進

 

 

市民の皆さまへ(令和2年3月31日)

 市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止のための大野埼玉県知事の不要不急の外出の自粛(3月28日、29日)の呼びかけにご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 引き続き、不要不急の外出を自粛くださいますようお願いいたします。
 また、特に1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が重なる場を避けていただくとともに、手洗いや咳エチケットの徹底などをお願いいたします。
 改めまして、市民の皆さまには、今後、市内の公共施設の臨時休館等により、ご不便やご迷惑をおかけすることになりますが、現在の状況をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

                            令和2年3月31日 深谷市長 小島 進

 

 

市内で新型コロナウイルス感染症の症例が確認されました。(令和2年3月17日)

 本日、3月17日に埼玉県から記者発表があり、深谷市内において新型コロナウイルス感染症の症例が確認されたとのことです。

 感染者の2人は、市内在住でエジプトのナイル川クルーズに参加された方です。

 市では、埼玉県に対し濃厚接触者の確認や帰国後の行動などについて、情報収集をお願いするとともに、今後も、国や県と連携して、感染拡大防止に向けた啓発を行ってまいります。

 市民の皆様におかれましては、落ち着いた行動をお願い申し上げます。

 なお、こまめな手洗いや咳エチケット、かぜ症状がある場合は、外出を控えるなど、基本的な感染症対策の励行をお願いいたします。

                            令和2年3月17日 深谷市長 小島 進

 

 

関連リンク

新型コロナウイルスに関する情報はこちらのリンク先をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症を予防するために

新型コロナウイルス関連情報

【埼玉県】感染確認状況や関連情報(外部サイト)

お問い合わせ先

・対策本部に関すること
福祉政策課
総務防災課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-571-1211(代表)
メールフォームでのお問い合せはこちら
・感染症予防対策に関すること
保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
メールフォームでのお問い合せはこちら