幡羅遺跡(はらいせき)へようこそ

文字サイズ変更

現在の位置

幡羅官衙遺跡群 国史跡指定記念シンポジウム開催!

更新日:2018年9月10日

 深谷市の幡羅官衙遺跡(はらかんがいせき)と熊谷市の西別府祭祀遺跡(にしべっぷさいしいせき)とで構成される『幡羅官衙遺跡群(はらかんがいせきぐん)』が、平成30年2月13日付で国史跡に指定されました。

 深谷市では初の国史跡となります。

 これを記念し、幡羅官衙遺跡群の時代である律令体制の成立期にスポットをあて、時代の重要な過渡期に社会がどのように変わっていったのか、遺跡の姿から迫るシンポジウムを開催します。

幡羅官衙遺跡群周辺図

開催概要

国史跡指定記念シンポジウム

「飛鳥時代の役所と地域社会」

 とき:平成30年11月10日(土曜日) 午前9時50分から

     詳細は、タイムスケジュールをご覧ください。

 ところ:深谷市民文化会館 大ホール(深谷市本住町17-1)

 参加費:無料

 参加方法:申込不要、直接会場へお越しください。

 駐車場:あり。ただし、数に限りがございます。

タイムスケジュール表

午前9時50分から午前9時55分

オープニング

午前9時55分から午前10時55分

古代国家の成立と東国の地域社会

宮瀧交二(大東文化大学)

午前10時55分から午前11時5分

休  憩

午前11時5分から午前11時35分

飛鳥時代の幡羅官衙遺跡

知久裕昭(深谷市教育委員会)

午前11時35分から正午

飛鳥時代の祭祀

吉野 健(熊谷市教育委員会)

正午から午後1時10分

休  憩

 

午後1時10分から午後1時40分

飛鳥時代の橘樹官衙遺跡

栗田一生(川崎市教育委員会)

午後1時40分から午後2時10分

飛鳥時代の西下谷田遺跡

清地良太(宇都宮市教育委員会)

午後2時10分から午後2時40分

飛鳥時代の御殿前遺跡

中島広顕(北区教育委員会)

午後2時40分から午後3時5分

飛鳥時代の建物を復元する

田中広明(埼玉県埋文調査事業団)

午後3時5分から午後3時20分

休  憩

午後3時20分から午後4時35分

討  論

司会:井上尚明(立正大学)

午後4時40分から

エンディング

ポスター(PDF:15.1MB)

チラシ(表)(PDF:14.4MB)

チラシ(裏)(PDF:914.4KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク

幡羅遺跡

お問い合わせ先

文化振興課
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-3
電話:048-577-4501
ファクス:048-574-5861
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。