市民がつくり 市民が守り育てる 市民の森

文字サイズ変更

令和4年度活動報告

更新日:2022年10月5日

ふかや緑の王国は、多くのボランティアに支えられています。

毎月の王国整備を初め、「梅まつり」・「森の音楽祭」・「あかり展」などの王国を活かしたイベント

の開催など、市民の皆さんに喜んでもらえるような活動が活発に行われています。

緑の王国は自然の大切さや素晴らしさを再発見し、自然と人間が共生できる街づくりを目指す

施設です。

ボランティア一同、「市民がつくり 市民が守り育てる 市民の森」を目指して活動しています。

 

この自然と笑顔に溢れた場所で王国ボランティアの皆さんと一緒に活動を行ってみませんか?

都合がつく日に参加する形で、自由に活動に参加していただいております。

ぜひ、王国に見学に来てみてください。

2022年9月

9月を過ぎ、暑さも多少和らぎ比較的過ごしやすい季節になりました。あとは大きな台風が来ないことを祈るばかりです。今の時期は咲いている花はそれほど多くはありませんが、ナンバンギセルやオオモクゲンジやヒガンバナ、コスモス、シュウメイギクと、秋を感じさせる草花の移り変わりを観察することができます。地味で目立たないが趣のある吾亦紅や、王国ひろばを飛び交う赤とんぼなど、気づいてみると豊かな自然が見せる様々な側面を楽しむことができます。

9月は除草作業の他に、畑では大根の種まき(下の写真)など冬に向けた野菜の播種作業も行いました。また毎年恒例、11月のあかり展用の焼きものづくりも行いました。だんだん各地でイベントも復活しつつあり、10月には3年ぶりに「森の音楽祭&秋まつり」も実施の予定です。10月以降の活動内容を話し合う全体会議も行いました。

大根の種まき

大根の種まき

大根用のマルチ敷き

大根の種まき

種まき後、上からネットをかけました。

大根の種まき

ネットが飛ばないように裾に土をかぶせています。

西門近くの整備

西門近くの整備

  • サンクンガーデン整備

サンクンガーデン整備

 

(下)ローズガーデン整備

ローズガーデン整備

陶芸

雨天につき、陶芸づくりをしました。

トキワマンサクの選定

薬草園トキワマンサクの剪定

サンクンガーデン整備

サンクンガーデン整備

朝礼

朝礼風景

  • 全体会議

全体会議

薬草園の除草活動

メディカルガーデン除草活動(右も)

薬草園の除草活動

焼きものづくり

焼きものづくり

焼きものづくり

焼きものづくり

  • 大根の除草

大根は順調に育っています。播種の時かけたネットをはずし、周囲の除草を行いました。

2022年8月

毎日毎日鉄板で焼かれるような暑さが続きます。たい焼きの気持ちも少しはわかるかもしれません。しかしそれにもかかわらず草はぐんぐんずんずん生えてきては通れたはずの道を狭くしてしまうので、草むしり・草刈りは常に頭を悩ます課題です。

そんな暑い暑い暑い8月が今年もやって来、相変わらずマスクを着用し熱中症やハチなどに注意しながらの活動です。ボランティアの皆さんも高齢の方が多い中で、過酷と思える状況での作業もままありますが、くれぐれも自分の体と相談しながら無理のない範囲で取り組んでもらえたらと思います。

8月は夏休み期間中ということもあり、子供向けのイベントも複数開催されました。

4日(木曜日)の「木のオブジェづくり教室」では、園内で調達した木を使い、ウサギのオブジェを作りました。また6日(土曜日)の「第10回どじょうのつかみどり体験」では、園内「ふかや村」にある小川でどじょうを素手でつかみ取る体験を行いました。昨年は新型コロナの感染急拡大で中止となったこともあってか、今年は予約殺到で即日締め切り。正直なんでここまで人気なのか?不思議に思うこともありますが、身の回りで水遊びのできる環境というものが、意外と貴重なのかもしれません。

(下)畑に綿と唐辛子を定植しましたがその周囲の除草活動を行いました。

畑の除草

ハナミズキ通りの除草

ハナミズキ通りのクルメツツジにかかったヤブガラシやカラスウリなどの草を除去しています。

正門の清掃

正門の清掃

畑の除草

畑の唐辛子と綿を植えた周囲の除草を行いました。

正門の清掃

正門の清掃

  • 王国通り整備

王国通りの整備作業

 

(下の写真)

8月19日(金曜日)、昨年の12月に園内の樹木に設置したバードハウス(第13回鳥の審査の部)を取り外し、鳥が営巣(審査)したかどうかを確認し、入賞作品を決定しました(後日発表します)。

バードハウスコンテスト審査

バードハウスコンテスト審査

バードハウスを木から取り外しています(右も)

バードハウスコンテスト審査

バードハウスコンテスト審査

全てのバードハウスを受付番号順に並べなおし、営巣の有無を確認しています。

除草活動

もみの木サークルの除草活動

  • 藤棚下の除草

藤棚の下の除草活動

 

(下)ヒーリングガーデン整備作業

ヒーリングガーデン整備作業

大根の種まきの準備

大根の種まきの準備(さく切り)

大根種まきの準備

大根の種まきの準備(マルチ敷き)

メディカルガーデンの除草活動

メディカルガーデン除草活動

山野草ガーデン除草活動

山野草ガーデン除草活動

  • せせらぎ通りの除草

せせらぎ通りの除草活動

キッズプログラム木のオブジェづくり教室 8月4日(木曜日)

木のオブジェづくり教室

木のオブジェづくり教室

木のオブジェづくり教室

第10回どじょうのつかみどり体験 8月6日(土曜日)

 

どじょうのつかみどり体験

準備作業(右も)

どじょうのつかみどり体験

どじょうのつかみどり体験

受付

どじょうのつかみどり体験

川の中に大き目の網を敷き、その上にどじょうを放流しました。

  • どじょうのつかみどり体験

口で言うより結構難しい体験です。救済措置?として小さな網の中にとらえたどじょうをつかみどっている光景もちらほら。

2022年7月

あれ?梅雨はどこ行っちゃったんだろう??と思わず山のあなたの空遠く探してみたくなるほど短い梅雨が終わり、早くも長い夏が始まってしまいましたが、かと思うと花仲間ガーデンでは早くもオミナエシが咲いていたりと、なんだかよく分からない季節です。梅雨というよりも熱帯のような雨の降り方になっているような気もします。とはいえ暑さが分からなくなってしまってはおしまいなので、少しでも「モウムリ」と思った時点で一息入れ、無理をしない範囲で活動しましょう。

7月のイベントとしては、2日(土曜日)に「わくわく「収穫体験」」を行いました。トウモロコシとジャガイモの収穫体験でした。例によって酷暑の中での体験となりましたが、皆さん満足のいく収穫体験ができた模様です。

(下)ヒーリングガーデン整備作業

ヒーリングガーデン整備作業

トウモロコシの撤去作業

収穫体験も終わったので、まだ実のついているものはすべて収穫し、トウモロコシを切り倒して撤去しました。(右も)

トウモロコシの撤去作業

綿と唐辛子の定植

畑に綿と唐辛子の苗を植えました。

ニンニクの皮むき

緑の王国関係者の方からニンニクをたくさんいただきました。皮をむいて来年の播種用にしています。

  • ピザ焼き

7月15日に料理班を中心にピザ焼きを行いました。コロナ禍でほぼ完全に活動休止状態となっていますが、味は変わらず美味しいピザが焼きあがりました。またイベントで提供できるようになるといいのですが・・・

 

(下)ポップコーンの収穫

ポップコーン収穫

ロックガーデン前の清掃

ロックガーデン前の清掃

ロックガーデン整備

ロックガーデン整備

小川の清掃

ふかや村小川の清掃

サトイモの灌水装置の設置

サトイモの灌水装置の設置

7月2日(土曜日) わくわく「収穫体験」

トウモロコシとジャガイモの収穫体験を行いました。ボランティアはトウモロコシのとり方のサポートやジャガイモ掘りを行いました。

収穫体験

収穫体験

収穫体験

2022年6月

2022年は昨年より1週間ほど早く関東地方は梅雨入りしたそうです。ということは王国ボランティア活動日の(木曜日)・(金曜日)も生憎の雨天で活動中止となる可能性が高くなるハズ・・・だったのですが、なんと「過去最速」の3週間で梅雨は明けてしまい、最高気温40度スレスレというとんでもない猛暑が連日襲来!!人類の運命やいかに・・といろいろと危ぶまれるけふこの頃です。それはそれとして、若葉が一丁前の青葉に成長し、「緑の王国」らしく上(樹木)も下(地面の雑草)も緑色で埋め尽くされる今日この頃、取り組まなければいけない「課題」は少なからずあるので、熱中症に気を付けながら活動に汗を流したいものですね。

6月4日(土曜日)には、広報で参加を募った皆さんに「田植え体験」をしていただきました。王国ボランティアは例年通り、田植えのやり方の指導や植える場所の目安となるロープを持ってサポートという補助的な作業を行いました。

(下)6月2日の夕方、市内の上野台地区や岡部地区を中心に豪雨と降雹被害がありました。その翌日、緑の王国内は枝の落下が目に付く程度でさほど大きな被害はありませんでしたが、通路を一通り清掃して巡回しました。

正門の清掃

フローラガーデンレンガ敷設
フローラガーデンレンガ敷設

注目の的のフローラガーデンレンガ敷設作業は月をまたいで無事完成しました。

緑の王国を散策の際はぜひボランティアさんの努力の結晶を足の隅々まで踏みしめて歩いてみてください。

  • サトイモの除草

サトイモ周囲の除草

 

(下)花仲間ガーデンの池に(毎年のことですが)藻が発生したのでそれを除去する作業です。

花仲間ガーデン池の清掃

スモークツリーガーデン整備

スモークツリーガーデンに植えられていたポピーをすべて抜根しました。(右も)

スモークツリーガーデン整備

園内清掃作業

豪雨翌日の園内清掃作業(下も)

園内清掃作業
  • ロックガーデン整備

ロックガーデンの整備作業

 

(下)王国ひろばの除草作業

王国ひろばの除草

池の清掃

ハナミズキ通りの池に落ちた枝などの除去作業

ヒーリングガーデン整備

ヒーリングガーデン整備作業

サトイモの除草

サトイモの除草作業(下も)

サトイモの除草
  • 藤棚下の清掃

藤棚下の清掃作業

サトイモの除草

サトイモの除草作業

ジャガイモ試し掘り

ジャガイモ試し掘り

6月4日(土曜日) 田植え体験

田植え体験

田植え体験

田植え体験

2022年5月

ゴールデンウィークもあっという間に終わり、気づくと新緑の濃さが日々増しているようでじき夏になってしまうなあと感じられる5月です。マスクが息苦しくなるわけです。沈黙を守って活動できればいいものですが、つい気心知れた人と草むしりをしていれば口が緩むのが人情というものですから、今年もマスクとの付き合い方を工夫しながら暑さを乗り越えるしかないのでしょうか。

5月の活動としては除草や花の植え替え、畑にはサトイモの播種といった季節に応じた取り組みが主でしたが、フローラガーデンにレンガを敷き詰めおしゃれな通路を作ったり、4月からはたはたと大空に泳いでいたこいのぼりを片づけたりと、活動会議で話し合った様々な活動にも汗を流しました。

5月29日(日曜日)には、草花に詳しい王国ボランティアの解説による「樹木・草花ガイドツアー」を実施し、広報で募った参加者の皆さんに、園内の樹木や草花について理解を深めていただきました。

(下)サンクンガーデンに植えていたビオラをすべて撤去しているところです。

サンクンガーデンビオラの撤去

山野草ガーデン除草活動

山野草ガーデン除草活動

こいのぼり絡まり直し作業

こいのぼり作業

サトイモの播種

サトイモの播種作業

サトイモの播種

サトイモの播種作業

  • サトイモの播種

サトイモの播種作業

 

(下)王国通りのビオラを撤去しました。

王国通りビオラの撤去

トウモロコシネット外し

トウモロコシのネットをはずしました。

こいのぼり撤去作業

こいのぼりの撤去

フローラガーデンレンガ敷設

フローラガーデンの元々芝生が生えていたところにレンガを敷く作業をしています。

フローラガーデンレンガ敷き

レンガ敷き作業

  • こいのぼり撤去

こいのぼりの取り外し作業

 

(下)フローラガーデンに」植えられていたビオラの撤去作業を行いました。

フローラガーデン整地作業

ふかや村小川の清掃

米づくり体験(田植え体験)が近づく中で、ふかや村の小川の清掃作業を行いました。(右も)

ふかや村の小川清掃

フローラガーデンレンガ敷設

フローラガーデンレンガ敷設作業

5月29日(日曜日) 樹木・草花ガイドツアー

参加者は少なめでしたが、ボランティアの微に入り細を穿つ解説を耳にしたことで、これから来園されたときには今までとは違った角度から草花を楽しんでいただけるのではないかと思います。

樹木・草花ガイドツアー

樹木・草花ガイドツアー

樹木・草花ガイドツアー

令和4年4月

 相も変わらぬコロナウイルスの流行に加え海の向こうでは陰惨な戦争も始まり、まったく気分がくさくさする世の中ですが、そんな時こそこの緑の王国のような四季の自然であふれる施設が必要とされるのではないかと思います。手前味噌もいいところですが、目まぐるしい情報の波から距離を置き、心を洗い一人に帰るひと時を、ぜひ王国ボランティアが日々心と力を込めて手入れを続けるこの場所で過ごしていただけたらと思います。

 新年度となり新しい何かが始まりそうな、かと思えば案外大きな変化もなかったりするような4月ですが、緑の王国は春を感じさせる草花や樹木が日々見る人を楽しませてくれます。そうした中で4月18日(月曜日)から24日(日曜日)までの日程で、「ふかやフラワーウイーク2022」を開催し、昨年と同じように深谷産のたくさんの花で緑の王国の園内を装飾しました。また、大きなものは10メートルにもなるこいのぼりを園内の2か所(正門、ふかや村)に掲揚しました。春から初夏の青空を元気にひるがえるこいのぼり。よく見ると意匠も様々で、金太郎が描かれているものが特に印象に残りました(個人的に)。

フラワーウイークの期間中4月23日(土曜日)と24日(日曜日)には、王国ボランティアによる物品販売も行い、畑で採れたサトイモや、ボランティアで製作したじゅず玉のネックレスやミモザの花と葉を封じ込めたレジンのアクセサリーなどを販売しました。

(下)ハナミズキ通りの除草活動

ハナミズキ通りの除草

山野草ガーデン整備

山野草ガーデン整備

山野草ガーデン整備

山野草ガーデン整備

サトイモ掘り

ふかやフラワーウイークで販売するためのサトイモを掘っています。

サトイモ掘り

サトイモを覆っていたワラはそのまま肥料として畑にすきこみます。

芝生の除草

王国ひろばの除草

芝生の除草

王国ひろばの除草

除草活動

薬草園のニッケイの木の下の除草

木陰でも細かい草がたくさん生えていて、気温が上がって夏めいている感じさえします。

ヒーリングガーデンの除草

ヒーリングガーデンの除草活動

  • ハナミズキ通りの除草

ハナミズキ通りの除草活動

今年はハナミスキがとてもきれいに咲きそろいました。

薬草園の除草活動

薬草園の除草活動

ロックガーデンの除草活動

ロックガーデン除草活動

ジャガイモの芽かき作業

jジャガイモの芽かき作業

一つの種イモから複数発芽しているため、間引いて2、3本程度に整えています。

  • 藍の植栽

藍の植栽風景

ふかやフラワーウイーク2022に関した作業風景

4月23日(土曜日)、24日(日曜日)の二日間は王国ボランティアで物品販売などの対応を行いました。

ふかや緑の王国がオープンガーデン会場となっていることもあり、たくさんの方に来場していただきました。

ふかやフラワーウイーク準備作業

王国ひろば向かいのロータリーに花を配置しています(右も)

ふかやフラワーウイーク準備作業

こいのぼりの掲揚作業

こいのぼりの掲揚作業

どのこいのぼりを取り付けるかも相談して決めます。

こいのぼり作業

こいのぼり作業

無事上がったはいいのですが、風のせいでロープに絡まってしまうためそのたび地上に引き下ろして絡まりを直しています。これが毎回大変です。

  • サトイモの分割作業

販売するためのサトイモを小分けに分割しています。

 

(下)藍の苗の販売や万華鏡づくり体験を実施しました。

フラワーウイーク販売

フラワーウイーク販売

こちらはテラコッタ(素焼き鉢)で作った人形「テラコッタドール」です。市民ガーデニングボランティアの皆さんが作ったものですが、この機会に併せて販売しました。(右も)

フラワーウイーク販売

お問い合わせ先

ガーデンシティふかや推進室
〒366-0815
埼玉県深谷市櫛引24-2
電話:048-551-5551
ファクス:048-551-5552
メールフォームでのお問い合せはこちら