DEEP VALLEY Agritech Award2020

更新日:2020年10月20日

ディープバレーアグリテックアワード2020サムネイル

開催趣旨

DEEP VALLEY Agritech Awardは、儲かる農業都市の実現のため、深谷市の農家が抱える農業課題を解決する技術(アグリテック)を表彰する取組です。受賞者には、深谷市と多様な担い手が連携しながら、伴走型での現場とのマッチング支援、実証フィールド提供支援、出資等の様々な支援策を行います。こうした取組みを通じ、受賞者が深谷市さらには日本全国の農業課題の解決に向けて展開していけるよう支援します。

主催及び事務局

主催:深谷市

事務局:DEEP VALLEY Agritech Award 2020事務局(運営:株式会社マイナビ)

対象部門

(1)現場導入部門(本アワード終了後1年以内を目処に深谷市での実証事業が開始できる提案)

(2)未来創造部門(本アワード終了後2~5年を目処に深谷市での実証事業の開始を目指す提案)

応募資格

受賞後に、深谷市の農家が抱える農業課題の解決や改善に向けた取組を実施できる個人・法人の方(応募者の所在地については深谷市内外を問いません)。

応募期間→応募受付は終了しました

プレエントリー期間:2020年6月15日(月曜日)12:00~28日(日曜日)

本エントリー期間:2020年6月29日(月曜日)12:00~7月29日(水曜日)

応募方法

所定のエントリーシートに日本語で入力いただいた上で、エントリーシートをウェブサイトの応募フォームから本エントリー期間内に提出してください。エントリーシートの補足・参考資料として、別途資料をZIP形式等で圧縮ファイル(エントリーシート含み最大8MBまで)として添付することができます。

https://agri.mynavi.jp/deepvalley_agritechaward/

応募要項

応募要項(PDF:2MB)

応募総数

書類応募総数:28件

一次審査通過者数:14件

二次審査通過者数:6件

最終結果

最優秀賞については、下記のとおりとなりました。

出資賞金については、最優秀賞受賞企業より順次協議の上、決定します。

なお、最優秀賞授与式及び、協賛企業賞(株式会社シタラ興産賞)の発表は12月4日(金曜日)に開催する表彰式で行います。

■最優秀賞

〇現場導入部門

株式会社レグミン (東京都中央区 代表 成勢 卓裕)
提案内容:ロボットによる自動農薬散布

 

〇未来創造部門

AGRIST 株式会社 (宮崎県児湯郡新富町 代表 高橋 慶彦)
提案内容:農業の人手不足を解決するキュウリ収穫ロボット

後援

農林水産省

総務省

経済産業省

内閣府地方創生推進事務局

埼玉県

ディープバレーアグリテックアワード2020サムネイル

お問い合わせ先

産業ブランド推進室
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-577-3819
ファクス:048-578-7614
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。